過食嘔吐と私③

 

「吐いてるのバレちゃった!!!」

私は内心焦っていました。

でも、この時自分自身が”摂食障害”という病気になっているという知識はありませんでした。

ただ、食べ過ぎて吐いているだけ・・・でも罪悪感はあったのでバレた時焦っていました。

それからは母にバレてしまった罪悪感と吐きたい衝動に耐える日々。

勉強に集中しなければならないのに全く手につきません。頭は食べ物でいっぱいなのですから。

食事は地獄で、自分がどのペースで食べればいいのか、何回噛めばいいのか、飲み込むまでの時間は・・・?とそんなアホみたいな事を考えなければなりませんでした。

自意識過剰になり、自分の食べている姿が見られているきがして落ち着きませんでした。

体重は詳しくは覚えていませんが、数ヶ月で47キロから58キロまで増加しましたね。吐きながらも10キロ増えたので相当な量を食べていたのだと思います。

この時の私の精神状態はノイローゼ気味でしたがそれは受験によるものと過食と原因は半々だったかな。まだ、過食をそんなに重大に考えていなかったんだんでしょう。

その後、なんとか勢いで受験を乗り切った私ですが高校生になっても過食嘔吐が良くなる事はありませんでした。

 

 

 

 

 

このブログと一緒によく読まれているブログ

このブログを書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 今日のつぶやき

ページTOP