☆過食回復栄養マメ知識☆

こんにちは、みうです。

前回「これだけでブログになりそうだ」と言った、
栄養に関する知識を羅列したいと思います^^
これは実践できそう!という物から是非試してみてください。

3食きちんと20分以上かけてカロリーのあるものを咀嚼しながら食べる

基本です。
過食しない日は、1日1200kcal〜2000kcalを目安に食べましょう。
20分かけて噛む行為は脳の視床下部にある満腹中枢を刺激する、
「食べたよ!」って刺激を与えてあげる大事な時間です。

栄養のバランスをとる

これも基本ですね。
臓器がきちんと動くために必要です。
当たり前ですけど、過食の人は崩れがちで、
特に後々、胃腸や心臓などの内蔵にダイレクトに響きます。

食べる順番は、
野菜→タンパク→炭水化物(減量の場合)

合間にコップ一杯程度の水分を飲むので丁度良いです。
飲み過ぎるともどってきやすくなります。

ごはんの割合は、
朝水分多め→昼炭水化物多め→夜少なめ

過食の頻度がすくなってきます。
一回の食事量がだんだん減って行きました。
特に、夜ご飯はもういっかな?という量が減って行くはずです^^

まともなご飯なんて食べられない!という胃腸が弱っている人は、糖質やたんぱく質を中心に摂る

私はこれでした。砂糖類とか、豆乳とかが有効です。
栄養補助食品(ダイエット用のドリンク)で、
逆に最低限の栄養素を摂って生きてました。
DHCのプロテインドリンク、とか、
ソイジョイ+ホットミルク、とか……

ノンカフェインの紅茶に砂糖を多めに入れる、
フルーツのスムージー、そういうのもいいかもしれませんね。

高タンパクは、先ほども書きましたが豆乳、豆腐、鶏のササミなど。
女性用の飲みやすいプロテインドリンクを豆乳で割って飲んで、
その後ラジオ体操してました^^オススメです。

吐いてしまったら、水分とイオンを補う

吐くって、ただ食べ物と胃液を吐く訳じゃないんですよね。
大事な体の成分を失ってる訳です。それで体が震えたり倒れたりするんです。
だから、イオンサプライ飲料を飲むと良いと思います。
もちろん補いきれないので、嘔吐しないのが一番です。
(わかっちゃいるけど…)

下剤を使う人は、水分とミネラルを補う

下剤で下痢はとても危険というのは意外と知られていないような気がします。
癖になると脱腸を起こしたり、腸壁が爛れたり、
自分で排便機能が無くなったり、
そして吸収すべきミネラルを失ってしまうので栄養不足になったり……
何より怖いのが脱水だと思います。
下痢のあと酷い頭痛を感じたりしていませんか?とにかく水分を補って下さい。

過食衝動に有効なのは、
飴、ガム、カップスープです

前者2つは糖質です。
糖質は吸収が早く、手っ取り早く頭に食べた!と思わせる事ができる食品です。
アメは長い事口の中にあり、
ガムは咀嚼回数が長く、
カップスープはでんぷんのとろみつきなら◎です。
でんぷんは糖質に比べると吸収は遅いですが、
胃の中で重たく残るので食べた感じがずっしりするんですね。
衝動が来たら買い物のときこれだけを買ってじっくり食べてみて下さい。

終わりに

これが私の実践してきたものの一部です。
ちなみに、
今回書いた物の一部を実践していて約半年で15kg減量しました(!!)
急すぎた感じは否めませんが……過食、止まってたから、いいのかな…?

長くなりましたが、今回はこれにて〜〜〜d(*´v`*)b
みなさまのお役に立ちましたら幸いです。

みう

このブログと一緒によく読まれているブログ

このブログを書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 今日のつぶやき

ページTOP