過食を治すには過食を後悔しないようにすること

過食をした後に襲ってくる激しい後悔。

この後悔が過食の悩みでの一番の敵のように感じていました。

この後悔、挫折感は半端ないです。
「死にたい」とも思ってしまいます。

「食べてしまった。また食べてしまった。」と、
鬱々と後悔の中に埋もれてしまいます。
「人生ってなんだろう。もう嫌だ。こんな毎日嫌だ。こんな私嫌だ。」
と、自分を責め続けます。

自分のことが好きになれないんですよね。
自分のことが好きになれないということが
苦しさの根源なような気がします。

そこには「比較」というものがあります。
人と比較する。よその家庭と比較する。比べる。

人と比べて自分はどうなんだろう。
あそこの家庭は私の家庭より幸せそう。
そう考えると自分が幸せだと思えなくなります。
自分のことが好きじゃなくなります。自分が消えていきます。

競争は切磋琢磨でいいと思いますが
比べることばかりに気をとられると本当の価値観がわからなくなり
自分がいなくなっていくのではないでしょうか。

過食をして後悔するというのはいったい
何に対してそんなに「ダメ」と思うのでしょうか。
過食をしてしまった自分が嫌いで自分を責める。

私もかつては人の目を気にしすぎ、自分をなくしていました。
ですが、自分というのは人と比べるものじゃなく
「人はどうあれ自分は自分」
自分で自分を責めなくてもいい。
自分の足元をまず見つめてみる。

過食を治すということは
とても苦しくて難しいことだと思われがちですが
楽になっていく、自分を楽にしてあげる
ということだったりするのではないでしょうか。

楽でいいんだよ。失敗してもいいんだよ。
後悔しなくていいんだよ。そんな自分でいいんだよ。

それが愛すべき自分なんだと思います。

おと

おとちゃんメインブログ…
過食症を治して思うこと⇒ http://www.wordsleaf.info/

私が過食を治した道のり⇒ http://naosu.wordsleaf.info/

このブログと一緒によく読まれているブログ

このブログを書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 今日のつぶやき

ページTOP