過食症を恥じることはない 理解してくれる人はいるはずです

真剣な悩みって人には言えないものです。
軽い悩みなら言えますが、その悩みが重ければ重いほど言えなくなりますよね。

過食症であるということを私は隠してました。
誰にも言えませんでしたねぇ。身内にも言えませんでした。
隠してはいても過食はしてしまうので、隠れて食べてました。

でも過食をすると急に太ります。急に太ったことを知られたくはないので
それもなんとかごまかしてました。
「顔が腫れてる」とか言われてました。

ごまかしながらでもなんとか仕事に行く気でいる時はまだいいのですが
ひどい時は仕事を放棄してました。
仕事先には「風邪」とか、なんとでも言ってごまかせますが
自宅通いしている時、家の身内には情けないかんじに思われてたと思います。
「さぼっている」と思われてましたから。

仕事にも行かず家でマンガを読んだりゲームをしたり
そんなことばかりしてましたから、そりゃ「急にそうしたんだ」と不信がりますよね。

「好きでさぼってるわけじゃない。私だってこんなに苦しいんだ」
と心の中ではそう叫んでいましたが、過食症だということを打ち明けることは出来ませんでした。

それも今思えば、過食の苦しさをより苦しくさせることのひとつではなかったかと、
自分はこうなんだと説明し理解してもらう方が楽ではなかったかと思っています。

周りの人みんなに打ち明けることはないと思いますが
自分の信用できる人に悩みを打ち明けると少しは今より楽になるのではと思います。

事実、過食症は誰にも打ち明けず孤独に悩み苦しかったですが
今直面している難病という悩みは隠さず話しているからか、孤独にならず助けられています。

病気を全部一緒にはできないとは思いますが、理解してくれる人は必ずいると思います。
苦しさを全て抱え込むことはない、楽に生きていきましょう。

おと

 

おとちゃんメインブログ…
過食症を治して思うこと⇒ http://www.wordsleaf.info/

私が過食を治した道のり⇒ http://naosu.wordsleaf.info/

このブログと一緒によく読まれているブログ

このブログを書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 今日のつぶやき

ページTOP