5.やめられない過食

そして後期の授業が始まり、気持ちを入れ変えて大学には通うようになりましたが、「死ぬんだ」という気持ちは消えませんでした。ただなんとなく生きているという感じでした。

過食の方も、死ぬ前に食べたいものを好きなだけ食べたいという思いがなくなっていき、痩せてがりがりになって餓死したいと思うようになっていきました。しかし、外にいても家にいても過食衝動に悩まされ、それに勝てず結局食べてしまいました。そして、食べだしたらとことん食べないと気が済まなく、お腹がはちきれそうになるまで食べていました。ほとんど食べない日もありましたが、やはり体重は思うように減らず、「過食をなくして、早く痩せたい」と毎日のように思っていました。

家族は私のために家にお菓子やパンを置かないようにしていたので、家で甘いものが食べたくなった時、砂糖やミルクココアの粉をスプーンですくって食べたり、ジャムやピーナッツクリームをそのまま食べたり、練乳を吸ったりしていました。また、甘いものに限らず、家に食べるものがなくなって、外に食料を買いに出れないとき、ゴマドレを飲んだり、マーガリンをそのまま食べたりしたこともあります。味覚がおかしくなっていたので、味をあまり感じませんでした。それでも強い刺激のありそうなものを、口の中にただただ入れたかったのです。心の中の空虚感を埋めるかのように、、、

 

このブログと一緒によく読まれているブログ

このブログを書いた人

えれみ
えれみ

初めまして。えれみです。 10年前に拒食症、6年前に過食症になり苦しみましたが、今は過食も拒食も落ち着いています。 ...

プロフィール詳細はこちら
えれみが最近書いたブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 今日のつぶやき

ページTOP