過食症とはどんな病気か?著ー水島広子、焦らなくてもいい!「拒食症」「過食症」の正しい治し方と知識より

こんばんは。*:゚(♡ˆoˆ﹡)゚:*。みかです。今日も、著ー水島広子 焦らなくてもいい!「拒食症」「過食症」の正しい治し方と知識より、過食症とはどんな病気か?について書きたいと思います。

「食べないですむのなら、そのほうがやせるので好ましい」

と過食症の人たちは思っています。実際に、過食をしているとき以外はダイエット志向である人が多いのです。

やせたい人が過食をしてしまうと、「太ってしまう」とパニックになります。そこで、太らないですませるために、「埋め合わせ行為(代償行為)をします。嘔吐をする人が多く、下剤・利尿剤・浣腸の乱用をする人もいます。しかし、「埋め合わせ」には効果はありません。

例えば、下剤を多く乱用している人は、「食べ物が腸に留まる時間を短くすれば、吸収が減って太らないのでは」

と考えていますが、実際にはそこで出入りするのは水分だけで、問題となっている脂肪分に影響はありません。そのことを知らずに下剤などの乱用をしている人もいますし、知ってからも、水分の移動による見かけの体重の数値に振り回されてしまって乱用をやめられない、というひともいます。

最後に・・・

・・・最後まで読んでいただきありがとうございます(*’͜’ )⋆*また次に続きます・・・次回、お楽しみに!

 

このブログと一緒によく読まれているブログ

このブログを書いた人

みか
みか

20歳の時にうつ病が原因で飛び降り自殺をしてしまって以後車いすに。。。現在境界型パーソナリティ障害と診断され闘っています。27歳の時に過食嘔吐になり、現在は落ち着いてきています。...

プロフィール詳細はこちら
みかが最近書いたブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 今日のつぶやき

ページTOP