焦らなくてもいい!「拒食症」「過食症」の正しい治し方と知識ー著 水島広子より 拒食症と過食症の関係について

こんばんは➚ (ૢ›◡ु‹⁎)♡みなです。また台風が出来ましたね(>_<)皆さん気をつけて(>_<)

さて、今日は、焦らなくてもいい!「拒食症」「過食症」の正しい治し方と知識ー著 水島広子より 拒食症と過食症の関係について書きたいと思います(*’͜’ )⋆*

摂食障害は、大きくいうと、「拒食」の要素と「過食」の要素から成り立っています。

「拒食」の要素というのは、体重増加恐怖症のようなものです。「やせたい」という積極的な気持ちではなく、「体重を増やすのが怖い」という方が近いと思います。「過食」の要素は、ストレスにゆきづまると過食する、というものです。

過食をともなわない拒食症の人には、「拒食」の要素しかありません。治療としては、「拒食」の要素だけの治療をすればよいということになります。過食をともなう拒食症の人は、「拒食」の要素と「過食」の要素がともにある状態です。「拒食」の要素と「過食」の要素の両方を治療していく必要があります。イメージとしては、2つの病気を同時に持っているようなイメージです。

最初のうち拒食症だったけれどもそのうち拒食症になった、という人も少なくありません。

この場合も、過食をともなう拒食症ほどではありませんが、「拒食」の要素をかなり持っている過食症だといえます。

なお、「拒食」の要素がまったくない過食症が、「むちゃ食い障害」だと考えると分かりやすいと思います。むちゃ食い障害の人は、ストレスにゆきづまると過食はしますが、体型や体重への異常なとらわれはありませんので、まさに「過食」の要素だけであるといえます。

過食症の人は、もちろん「過食」の要素を持っていますが、それ以外に多かれ少なかれ「拒食」の要素も持っています。特に、排出型の過食症の人(嘔吐や、下痢・利尿剤・浣腸などの乱用をする人)は、「拒食」の要素が強いといえるでしょう。

・・・いかがでしたか?拒食症・過食症・むちゃ食い障害の違いが分かりましたね。

尚、このブログは、焦らなくていい!「拒食症」「過食症」の正しい治し方と知識 著ー水島広子の引用です。

次回は、「拒食」の要素とは」について書きたいと思います(*’͜’ )⋆*お楽しみに!

焦らなくてもいい!「拒食症」と「過食症」の正しい治し方と知識ー著水島広子

最後までよんでいただき、ありがとうございました➚ (ૢ›◡ु‹⁎)♡今夜はゆっくり休んでネ(*’͜’ )⋆*おやすみなさい꒰ღ˘◡˘ற꒱✯*・☪:.。

みか♡

 

このブログと一緒によく読まれているブログ

このブログを書いた人

みか
みか

20歳の時にうつ病が原因で飛び降り自殺をしてしまって以後車いすに。。。現在境界型パーソナリティ障害と診断され闘っています。27歳の時に過食嘔吐になり、現在は落ち着いてきています。...

プロフィール詳細はこちら
みかが最近書いたブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 今日のつぶやき

ページTOP