病気に立ち向かうに当たって その3『病気に立ち向かう』

こんにちは、メンバーの『いづな。』です。

今回は前回、前々回の続き、病気に立ち向かう途中で私がここはポイントかな、と思った事を書いていこうと思います。
前回もそうなのですが、今回も注意事項。
ポイントは私が思ったポイントであり、色々な症状がある摂食障害と言う病気全てに対して、全ての皆さんに対してのポイントにはならないと言う事をご了承下さい。
さて、3つのポイント、その3。
3番目は『病気に立ち向かう』と言う事です。
まんまですやん?! と思われたでしょうが、本当に正にコレに、私はぶち当たりました。
なかなか『病気に立ち向かう』が出来なかったのです。むしろどうしたら良いのか分からなかったと言った方が正しいでしょうか。

 

色んな本を読んで、お医者さんから話を聞いて、摂食障害の傾向と対策を学びました。
私は拒食の方が強かったので、拒食絶頂期の低体重の時は本当に死んでしまうかもしれなかった。だからお医者さんから治療の方針として、今から体にこんな事が起こって、食欲はこう変化していって、体はこういう風になりますよ、って聞いていたので、そこは分かりました。
でも、根本が癒えてなかったり対策が取れていなかったので、体重は回復しても、ぶりかえしたり、なかなか食べられないよーって事が起こりました。
拒食絶頂期の頃はその2で書いた武器を私はまだ持っていませんでしたし、頭では分かっているんだけど食べるのが怖い! って一種の恐怖症みたいになっていたのです。

 

私が良く参考にした水島先生の本の中では、摂食障害という病気は『不安の病』と書かれています。
何かに不安だったり、現実が上手くやっていけないから病気になった。
その病気を無理やり引きはがすと言うことは、不安をツボに押し込めて無理やり蓋をするという事だったのです。
どんどんツボに押し込めて蓋をした不安は、そのうちそのツボに押し込められなくなったり、ツボの中で発酵してさらに事態を悪化させたりしました…。
つまり、病気になった根本を見なければ、私の場合はいけなかったのです。
その辺りは、その2を参照にしてもらえればと思います。

 

そして、その根本をよくする為には、『病気に立ち向かう』努力をしなければいけなかったんです。
こう書くと今まで病気の根本に向かってないといけなかったんです! とかって言ってた割には病気とも向き合わなきゃいけないの?! と、何が何だかごちゃごちゃになってる人もいるかもしれません。
私自身もごちゃごちゃしてきたので私が辿った経緯を整理すると

病気についての知識を付けた

病気に立ち向かった(力不足だった)

武器を持った

病気と向き合う覚悟・努力をした

自分のレベルや武器のレベルが上がった

って感じでしょうか。
武器を持っただけでも安心する人はいると思います。
が、私の場合、半分は安心できたけどもう半分が安心できなかった。だって、敵と戦うことをしていなかったですから。
対人関係スキルという武器を持って、人と付き合う。
食べ物が怖いのは長年のクセだとお医者さんに聞いたので、ちょっとづつ食べ物と向き合う。
怖かった。すごく怖かったです。
怖いけど、立ち向かっていかないと私は治らないなと言うのも分かっていたので、勇気を出して、少しづつ出来ることをやっていきました。
でもやっぱり戦うよりは今の場所でゴロゴロしてた方が楽なので、やっぱり今のままで良いわ…と、病気に背を向けることもありました。人間、しんどいよりは楽な方に流れてしまうものです…。立ち向かいすぎて疲れ果てて、戦線離脱することもありました。
これが、私がぶち当たった壁でした。『立ち向かう』という意思が持てなかったり、保てなかったりしたんです。しんどいよりは、生きてるんだからもうここまでで良いかって。時には立ち向かうのは嫌だけどある日突然病気だけ治ってくれないかなーと訳の分からない事を思ったりもしました。

 

でも、摂食障害は治る病気です。

 

この言葉に励まされて、ちょっとづつ、良い方向に向かっていきました。
加えて私の場合、もの凄く変化に弱いもので、意思を変えたり生活パターンを変えるという事が大変でした。
でも、立ち向かう事を重ねて、症状は軽くなっていきました。

 

というのが、私の簡単な経緯とポイントです。
ここまでまとめて、リコの笑顔の克服の3ステップと似た様な内容になったかなーと思います。ええ、後で気付いたなんて言えません(言ってる)
まぁ私のポイントだから、という事でお許し下さればありがたいです。

あと、その1とその2ではこうしたらどうですか?って書き方だったですが、押し付けみたいに思えてきて、その3では体験記の様に書きました。なのでその3は何か他と違うなーって印象になりましたが、それも多めに見てくださればありがたいです。

考えをまとめることに必死で、支離死滅な文になってるなーと思いつつ、ここまで読んで下さってありがとうございました。

このブログと一緒によく読まれているブログ

このブログを書いた人

いづな。
いづな。

『いづな。』、と申します。 旅行と芸術とモノ作りが大好きな、楽しい事大好き人間です。 摂食障害になったのは中学1年生から。そこから細々と拒食とその反動を繰り返す状態が続き、20代前半で全く食べられない状態になり入院もしまし...

プロフィール詳細はこちら
いづな。が最近書いたブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 今日のつぶやき

ページTOP