言葉の捉え方ひとつで過食過飲嘔吐になる方へ

言葉の捉え方ひとつで過食過飲嘔吐になる方へ

えむです。
笑むです。

人間(ひと)が発する、言葉の捉え方ひとつで、相手からの言葉はこころを切り裂くナイフとなる場合があり、傷ついたこころを、紛らしたり、無理矢理にでも自分のこころを満たそうとして、過食過飲してしまうこと、あると思います。結果、嘔吐下痢オーバードラックで更に悪化してしまったり。わたしもそうでしたし、これから先、言葉のナイフにこころが切り裂かれてしまったら、現在の良い状態(←愛のちからか!)が引っくり返って、自棄糞食いで暴走してしまうかもしれません。それは、とても、悲しくて、苦しいこと。もう、その行為に陥りたくない。繰り返し、いやだいやだいやだ。

言葉の捉え方次第、
なんだろうけれど、発達障害=感情のコントロールが難しく、捉え方で平静を装うのは、かなり、きついことなのだ。うむ。“健常者の当たり前”ってやつが、なんなのかわからないけれど、生きる、って、むつかしい。とても複雑怪奇なのだ。うむうむ。『割り切る』、それさえ出来ればこんなに、苦しく、傷付き、自傷行為という名の、過食過飲嘔吐をしなくて済んだのだろうか。、、、『割り切る』、絶対に出来るとはわたしは思えないけれど、出来てるときも、稀にあるんだよ。ふしぎ。すこしは成長したのかしら。そして『割りきれなかった』のはきっと、その相手を本当は好んでいるのではなくて、ほんのすこしでもいいから『受け入れられたかった』『認めてほしかった』、根本は“ココ”なのかなあ。うーん、つまりはさ、あなたが『受け入れられたかった』『認めてほしかった』相手は、その人間(ひと)“以外”にもいるんだ!と、こころの目を動かしてみようとする想いを持つことから、始めてゆければ、いつか、そう、いつか、いつになるかなんてわからないけれど『割り切れるわたし』に、出くわすことはあるかもしれないね。

何度も伝えてるし、これからもちょいちょい出てくるけど、本当に『言葉は刃物』なのだ。それを知っているからこそ、マイナスな捉え方をしないようにしたいと思う。すごくわたしにとっては難しいけれど、『死にたい』に走らずに、そうやって、一喜一憂もんもんとするわたしは好きだ。自分、好きだ。いとおしい。ゴールデンウィーク、、、この暑くなる時季からは、ひたすら、コーンフレークチョコ味と、ところてんです(つд⊂)本当は、担々麺食べて、美味しいって、泣きたい。夏までの目標は、担々麺を食べる!!一人前をゆっくりと咀嚼しよう。

えむより

◆PR:リコの笑顔がつくる恋愛応援アプリ『Piece』近日公開!
Pieceは「自信がない人の恋を応援するアプリ」です。アプリをインストールすると「恋愛相談」や「マッチングサポート」といったサービスを利用することができ、利用者の状況にあわせて恋を応援します。自信を持てずに悩んでいる人が自分の魅力に気づき、楽しく恋愛できるようになってほしいという想いをこめてつくりました。

⇒Piece公式サイトはこちら

このブログと一緒によく読まれているブログ

このブログを書いた人

えむ
えむ

・過飲症(体重38~40kg) ・広範性発達障害 ・固形物があまり食べられない 両親、恋愛、対人関係、障害、故に過飲症になりました。現在は、障害者雇用でほぼ毎日働いています。...

プロフィール詳細はこちら
えむが最近書いたブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 今日のつぶやき

ページTOP