過食嘔吐と私①

初めまして、管理人のリコです!
私の簡単な自己紹介をしますと、平凡な田舎で平凡なお父さんと、ちょっと過保護なお母さんと、割とエリートなお姉ちゃんの4人家族の末っ子として育ちました。
大学進学で上京、その後紆余曲折があり・・・最近、境界性パーソナリティ障害と診断されました。(摂食障害の人は多いみたいです)

そんな私の過食嘔吐になった経緯をつらつら書いていこうと思います。

小さい時の記憶はあまりないのですが、とにかく人間に対してビビりまくっていたように思います。人の目が怖かったな。

そして今でも忘れない!小学5年生の頃。
転校生にいじめられるという「普通逆だよね・・・」という状況になりプチ引きこもりを経験。するとどうでしょう!多感な時期に1年で10キロも増量してしまいました!
この頃から、自分の体型に強いコンプレックスを持っていました。

中学にあがり、部活で運動をするため体重は落ちていきましたが
人間関係の悩みはつきず(この頃からパーソナリティ障害だったのかなぁ)この頃はストレス発散に毎日走っていました。
この頃は走らないと眠れない事もありましたね・・・^^;

それが受験期になり、勉強に集中し始めた頃ふと覚える空腹感。
一度気になったら更に気になってしまいご飯を食べる。
最初はご飯の回数が増えていっていただけに思っていました。
ただ、自分の体が丸くなっていく過程が認識出来てくると一気に罪悪感と嫌悪感が押し寄せてきました。
ヤバい!!!! そう思った時にはトイレで吐いていました。

それからが本当に大変な事はまだ知らず、私はトイレを後にしたのです。

このブログと一緒によく読まれているブログ

このブログを書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 今日のつぶやき

ページTOP