HB4~わたしを過食飲嘔吐鬱病から救ってくれたのは『彼』でした

HB4~わたしを過食飲嘔吐鬱病から救ってくれたのは『彼』でした

前回のブログの続き、、、他の婚活アプリはどんなシステムなんだろうか?と、懲りずに手を出しつつ、やはり、過食飲嘔吐慟哭麻痺は留まることを知らなかったのです。その頃あたりにリコの笑顔メンバーにお誘いをいただきました。最初の頃は過飲があまりに酷くブログ更新が出来てなかったなあ(T-T)

⚫️それでも、諦めずに。前に進むことを忘れずに。障害に負けずに。新たな婚活アプリにて三人目の男性→新たな婚活アプリは、二人目までの男性のときまで利用していたアプリと比較すると、かなり、真面目な方ばかりだったし、真面目な分、マッチング成立率も低かった(そもそも会員人数が低い!)低いのは決して悪くなく、沢山の婚活アプリのなかから“ようやく出逢えた感”を受け取れるような、おかしな錯覚に陥った。そんなマッチング成立率が低いなかでの三人目の男性は、まあ、一人目、二人目、同様に初回はやさしくて、二度目もやさしくて、その『やさしさ』に、わたしは、早いかな?と思いながらも、二度目にお逢いしたときに障害者であることを打ち明けることにしました。そしたらなんと!!その男性は『発達障害』という障害を初めて耳にしたらしく、まだまだ世間では知れ渡っていないことにわたしは喫驚してしまいました。そのまま特性について恐る恐るお話しすると、わたしのあたまを撫でてくれながら、わたしのことを受け入れて愛のことばをいただきました。思わず、なみだが溢れてしまって。それから、お揃いの2018年度の手帳を購入してその日は終わりました。しかし、またしても『信じた』わたしが馬鹿でした。お逢いしてから、約三週間ほど連絡が取れない状態となり、LINEも『未読』のまま。ああ、これが自然消滅というやつか。ははは。言葉の刃物で傷付けたくないからと、彼は『自然=逃げ』を選んだのか。同時に、障害者雇用で採用された職場からパワハラを受け始めたのもこの頃で、わたしはあの時に購入した『お揃いの手帳』をゴミ箱にぶっこんで、過食飲嘔吐自棄酒を始めました。そんな、ふらふらななかでも、やはりわたしの手は、スマホに伸び、また違う婚活アプリに入会しました。そして、四人目の男性とお逢いすることになりました。

(続く、、、)
えむより
(赤いきつねとフルグラを食べた!)

◆PR:リコの笑顔がつくる恋愛応援アプリ『Piece』近日公開!
Pieceは「自信がない人の恋を応援するアプリ」です。アプリをインストールすると「恋愛相談」や「マッチングサポート」といったサービスを利用することができ、利用者の状況にあわせて恋を応援します。自信を持てずに悩んでいる人が自分の魅力に気づき、楽しく恋愛できるようになってほしいという想いをこめてつくりました。

⇒Piece公式サイトはこちら

このブログと一緒によく読まれているブログ

このブログを書いた人

えむ
えむ

・過飲症(体重38~40kg) ・広範性発達障害 ・固形物があまり食べられない 両親、恋愛、対人関係、障害、故に過飲症になりました。現在は、障害者雇用でほぼ毎日働いています。...

プロフィール詳細はこちら
えむが最近書いたブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 今日のつぶやき

ページTOP