ストレスと過食症の関係

過食症になってしまう原因のひとつに「ストレス」があります。このページでは、ストレスと過食症の関係に焦点を当て、ストレスによる過食を改善する方法などを紹介しています。

ストレスと過食症の関係

ストレスから過食がおこる原因

過食症を引き起こすストレスの原因は、人間関係の悩み、勉強などの負担、いじめ、などなど人によって様々です。失恋や受験の失敗など極度の落ち込みから過食症を発症する場合もあります。

ストレスを解消しようと暴飲暴食することは、不自然なことではありません。しかしストレスからくる過食行動がクセになってしまうと問題が起こります。食欲のコントロールが難しくなり、より頻繁に、より多くの暴食を繰り返すことになってしまいます。すると今度は食べてしまった自分を責めてしまうことになります。そうして「過食症」になってしまうのです。習慣化してしまうことが、過食症の要素のひとつとなります。

また、ストレスによる過食を繰り返すと、過食症以外にも、糖分の過剰摂取による「糖尿病」や、胃腸への負担による「悪性腫瘍(ガン)」になってしまう可能性があります。

ストレスから過食をしてしまう原因は複数ありますが、最も有力なのは「セロトニン不足」であると言われています。セロトニンは心身の健康を保つために必要な成分で、ストレス以外にも運動不足や生活習慣の乱れなどによって不足します。

セロトニン不足を打破!ストレスによる過食症を克服する方法

ストレスが原因の場合、ストレスを克服(セロトニン不足を克服)することで過食の克服、過食症の軽減を狙えるかもしれません。

セロトニンを活性化させるために必要なのはズバリ「日光」!
人とふれあい話す時間をつくり、規則性のある運動をして太陽光にあたる生活習慣が、セロトニン活性化につながります。

規則性のある運動とは、ウォーキングやジョギングなど一定のテンポ・リズムで繰り返される運動のことをいいます。他にもヨガや太極拳の呼吸法がセロトニン活性化によいとされています。

また「太陽光にあたる」というのは、ウォーキングなどを外で行うことで達成できます。もし外出が負担になってしまう場合は、ベランダから手の甲だけ太陽光にあてる、カーテンをあけて太陽光を浴びるなどでも大丈夫です。ウォーキングも「何分以上」「一定のペース以上」などのルールはありません。自分の身体や心と相談しながら、少しずつ、できることから試してみてください(*´`)

参考サイト

一人で悩まないで!ストレスが原因の過食を改善に導く8つの習慣
http://josei-bigaku.jp/health/120084/

ストレス過食の原因!セロトニン不測の原因と対処法
http://www.skincare-univ.com/article/003650/

過食症をみんなで克服!ワークショップ開催!

過食症との付き合い方を学べる「30日間チャレンジ」

『30日間チャレンジ』は、生活習慣(食べたもの、起床就寝時間)を毎日報告することで過食症克服への意識を高める習慣をつくり、30日間で「過食症との付き合い方」を学ぶための企画です。当サイトのスタッフが、過食症を本気で克服したい気持ちのある方を最大限サポートします(*´`)
毎月先着6名限りで参加者募集中のため、興味ある方はぜひ詳細をご覧ください。

  • 今日のつぶやき

ページTOP