摂食障害と低血糖について

皆さん、こんにちは(*^_^*)

9月は本当に雨の多い一か月でしたね、、

体調はいかがでしょうか?

摂食障害を抱えながらの毎日は本当に辛く苦しい日々だと思います。

けれども摂食障害は決して贅沢病ではありません。
そして諦めなければ必ず治る病気です。

どうか毎日、生き抜いていることを、自分自身で褒めてあげてくださいね。

私も、今の自分をもっと認めてあげられるように努力していきたいと思います(#^.^#)

さて今回は低血糖についてのお話をしたいと思います。

皆さんは、空腹時にイライラや身体のだるさ、発汗、手の震え、抑うつ感などを感じることはありませんか?

もしこのような症状がおありの方は、低血糖と呼ばれる状態になっているかもしれません。

私も過食時代、食後数時間経つと、これらの症状が出ることが度々ありました。

そしてこのような時、異常なほど心と身体が糖分を欲し、甘いものや炭水化物をむちゃ食いすれば、症状が嘘のように治り、気持ちも落ち着くのですが、数時間経てば再び糖分を欲しむちゃ食いをするということの繰り返し、、

意思が弱いから、卑しいから、 甘いものや炭水化物がやめられないのだと、いつも自分を責めてばかりいました。

ご存知の方も多いかと思いますが、これは沢山の糖質が入ることで、膵臓からインスリンという血糖値を下げるホルモンが多量に分泌され、逆に血糖値が下がり過ぎてしまうということが起こっているんです。
そしてこのような状態を低血糖と言います。

最近 akb48の岡田奈々さんも低血糖から摂食障害になってしまったとカミングアウトされていました。

血糖値は下がりすぎると、今度はそれを上げようとして、体はまた糖を欲するという現象が起こります。

こうして低血糖と高血糖の乱高下を繰り返すことによって、 イライラや憂鬱感、身体のだるさなどの症状が出てしまうのです。

私は過食時代、低血糖についての知識がなかった為、何故このような症状が出るのか分からなかったのですが 、インターネットで情報を集めるうちに低血糖のことを知り、まさに自分はこれだと考えるようになりました。

そしてその後、何度も失敗を繰り返しながら、食事内容を変えたり、心と向き合ったりしていくうちに、徐々に糖を過剰に欲するということは減っていったのですが、 まず始めに行ったのは、食事の回数を1日1食のむちゃ食いから、1日2食に変えるということでした。

本来は1日3食が健康に良いとされていますが、私の場合胃腸が弱いのと、食物アレルギーがあるため、2食きちんと栄養価の高いものを食べるように心掛けましな。

それまでは1日1食ダイエットをしていたので、食事から次の食事までの時間が長くなってしまい、低血糖になりがちだったのと、一日一食ではお腹が空くため、一度食べ始めると食欲に歯止めがきかなくなり、過食状態になりやすかったです。

それが1日2食、きちんとバランスよく食べるようになったことで、糖質依存のような状態から、抜け出していくのが分かりました。

この時に大切なのは 糖質、脂質、タンパク質の三大栄養素をしっかりと取ることです。

成人女性の炭水化物 摂取目安量は1日ご飯(150g)4杯、 食パンなら5枚程度とされています。

そしてもう一つおすすめなのは、糖の質を変えてみるということです。

例えば過食で甘いものがやめられないという方は、一度甘いお菓子やスナック菓子の代わりに、玄米、雑穀のおにぎり、玄米のお餅の磯辺巻き、さつまいも(じゃがいもに比べて食物繊維が多く、血糖値が上がりにくいとされています)、果物など、 砂糖を使っていない食品に変えてみてください。

これらは食物繊維が豊富なため、血糖値が上がりにくいですし、腹持ちが良く腸内環境が整う上に、ビタミンミネラルも豊富です。

ただ過食嘔吐で胃腸が弱っている方は、無理に雑穀や玄米などは食べず、白米でも大丈夫です。

そしてそれができるようになったら、今度は、おにぎりと納豆、磯辺巻きとチーズ、具沢山のお味噌汁、果物とヨーグルト、ナッツなど糖質+低糖質の食品を組み合わせてみてください。

これをゆっくり噛みしめながら時間をかけて過食してください。

そうやって身体に良いものをしっかり咀嚼して食べることで、少しずつ正常な食欲を取り戻せるようになってくると思います。

また、たとえそれが無茶食いであっても、健康に良いものを取った時はどうか吐かずにその栄養をちゃんと身体に吸収させてあげてください。

栄養がきちんと取り入れられるようになってくると、身体は正常な食欲を教えてくれるようになります。

私は このような方法を取り入れるようになってから、 イライラや発汗、手の震えが治るまで、だいたい1年半程掛かりました。

とはいえ、その間には何度も失敗を重ねましたし、その度にものすごく自己嫌悪に陥り、もう一生治らないのではないかと思ったこともあります。

けれども諦めず、時間を掛けて試行錯誤していくうちに、身体はちゃんとそれに応えてくれるということが分かってきました。

そして現在もまだ試行錯誤を重ねている最中です。

食事を変えていく中で分かった事が一つあります。

それは甘いもの過食を我慢する辛さより、低血糖による気分のアップダウンや身体に症状が出てしまう事の方が、ずっとずっと辛いということでした。

これは食べるものを変えていき、それに伴い身体が変わっていくことで、皆さんも実感できるようになると思います。

今ここを読んでくださっている方の中で、低血糖の症状に当てはまる方は一度糖質の取り方と糖質の種類を見直してみてはいかがでしょうか、、

初めから完璧に行かなくても大丈夫です。
反動で甘いものをむちゃ食いしてしまうこともあるでしょう 。

けれどもちょっとした心掛けであっても、少しずつ症状は良くなっていきます。

どうか皆さんの心と身体が少しでも穏やかでいられますように☆

最後まで読んでいただきありがとうございました。

みどり(*^_^*)

◆自信がない人の恋を応援するアプリ『Piece』正式リリース!
当サイトの運営団体ココトモがつくるアプリ『Piece』は恋人マッチング・恋愛相談・恋愛コラムの3つのサービスであなたの恋を応援するサービス。あなたが自分の魅力に気づき、楽しく恋愛できるようになるためのお手伝いをさせてください。ただいまリリースキャンペーン開催中!

⇒Piece公式サイトはこちら

このブログと一緒によく読まれているブログ

このブログを書いた人

みどり
みどり

25歳で抗精神薬を止めたことがきっかけで、ストレスと止まらない食欲に悩まされ、非嘔吐の過食症になりました。 体調も崩し、拒食のような状態も経験しましたが、現在は少しづつ心身のバランスを取れるようになってきています。...

プロフィール詳細はこちら
みどりが最近書いたブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 自信がない人の恋を応援するアプリ『Piece』ついにプレリリース!byココトモ

    自信がない人の恋を応援するアプリ『Piece』ついにプレリリース!byココトモ

  • 今日のつぶやき

ページTOP