私が考える過食症の寛解

お久しぶりです!えれみです♪

今回は、私が考える過食症の寛解について書いていきたいと思います!

 

寛解イコール過食を全くしなくなることと考える方がいると思います。

でも私は違います。私の考える寛解とは、過食は時々しても今のありのままの自分を受け入れて納得した生き方を掴みとれていること、辛いこともあるがトータルして生きるのがそこそこ楽しいと思えていることです。

過食症で苦しんでいる人は、これらができていない人が多いと思います。自分のことが嫌いでありのままの自分を受け入れられなかったり、毎日が辛くて苦しくて楽しいなんて思えなかったり…

もちろん、これらのことが誰にでもすぐにできる訳ではないし、特に過食症で苦しんでいる人たちにとってはとても難しいことだと思います。

でも、今過食症で苦しんでいる人が、過食を止めようと思ってもやめられず余計に苦しくなるくらいなら、少し考え方を変えてみても良いのではと思います。

一旦過食のことは置いておいて、毎日を少しでも楽しく過ごすことを意識してみたら自然と何かが変わってくるかもしれません。

そのために、まず自分にとって楽しい、気持ち良いと感じることを探してみてはどうでしょうか。

このブログと一緒によく読まれているブログ

このブログを書いた人

えれみ
えれみ

初めまして!えれみです♪ 13年前に拒食症、9年前に過食症になり苦しみましたが、今は過食も拒食も落ち着いています。 電話相談も行なっていますので、誰かに話を聴いてほしい方、何か意見がほしい方、共感してほしい方、気軽にお話で...

プロフィール詳細はこちら
えれみが最近書いたブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページTOP